top of page

【共通テスト】今年出題されるテーマは?大予想 後編

共通テストまでいよいよ3日後に迫った今日、愛知県では首都圏と合わせて緊急事態宣言が発出される運びとなりました。クレイン英学校では本日1月13日から2月7日までの授業については、対面・オンラインどちらの形態でも対応します。本校では、マスクの着用、教室の消毒、定期的な換気と引き続き、徹底した感染防止対策を講じて参ります。

さて昨日に引き続き【出題される英文テーマ大予想】について書きたいと思います。昨日のブログ

《原田の予想ベスト5》

① アメリカ合衆国

② コロナとオンライン授業

③ オリンピック(スポーツ関係)

④ 文化や価値観の多様化

⑤ 環境問題(再生エネルギー、プラスチックごみ)

④文化や価値観の多様化について

これは、国際化=Internationalizationやグローバル化=globalizationに係るテーマです。日本はこの10年で海外から観光や仕事でやってくる人の数が急増しました。そして、様々な背景を持つ人たちとの共生が進む中で、価値観の多様化も進んできています。日本と外国の生活や食習慣の違いを紹介する英文は、リーディング第1問や第3問で出題される可能性が高いでしょう。また、昨今学校教育の中でもよく話題になる性的マイノリティ=Sexual minorityの人たち(LGBT)をテーマとした題材はリーディング第6問、リスニング第6問で取り上げられるかもしれません。もっとピンポイントでいうと、「学校は生徒が制服のスカートとスラックスを自由に選べるようにすべきか」といったテーマでディスカッション形式の英文です。

⑤環境問題は、鉄板テーマでしょう。共通試験だけでなくすべての入試問題の超頻出テーマです。少し前までは、

化石燃料を燃やす(burning fossil fuel)→CO2排出(Carbon Dioxide emission)→温室効果(greenhouse effect) →地球温暖化(global warming)→海面上昇(rising sea level)→自然災害(natural disaster)の増加

という内容の文章が多かったのですが、最近は、化石燃料に変わる【代替エネルギー】=alternative energy の模索とそのテクノロジーが注目されています。また代替エネルギーとほぼ同じ意味で用いるワードがあります。

【代替エネルギー】=alternative energy

【再生可能エネルギー】=renewable energy

【持続可能エネルギー】=sustainable energy

代替エネルギーとは具体例にこんなものです

太陽光発電=solar power, 風力発電=wind power, バイオマス発電=biomass power, 地熱発電=geothermal power, 波力=wave power ...

リーディング第6問、リスニング第5問の講義形式の英文でこのテーマについては扱われる可能性が高いと思われます。

この2日間で紹介した、共通テスト英文テーマ大予想は、1月下旬からはじまる私大一般入試や2月末の国公立大学2次試験にも通じる話ですのでぜひ頭に入れておきたいですね。

共通テストについての記事は以下にも解説を載せていますので、ぜひ一読して本番に臨んでください

がんばれ受験生!!

クレイン英学校では、長年進学校の教員として最難関大から地方大学まで幅広く受験指導に携わってきた講師が、共通テスト後の個別試験対策を完全マンツーマンで行います。各大学の傾向を踏まえて、長文記述問題の答え方や英作文の書き方などを丁寧にかつ短期間で効率的にお教えします。クレイン生以外では、ごく少数のみの対応となるため、個別試験の英語に不安な方は、ぜひお早めにこちらからお問い合わせください。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page