検索
  • 原田貴之

【共通テスト英語】ポイント解説その3〜すべてのテストに使えるアプローチ

きのうはきれいな中秋の名月が見られましたね

そして、今日も名古屋は秋晴れが美しい一日です


さて、今日は共通テストのような英問英答の読解問題で

よく見られる


「パラフレーズ」


についてお話しします


テストを作問していて

「本文の内容に合うものを一つ選びなさい」

という問いや選択肢を作る時に

本文と全く同じフレーズを使ってしまうと、コピペで終わってしまい、内容をちゃんと理解しているかどうかわからないため、


同じ意味だけど、違う単語を使ったり

少しだけ表現方法を変えたりします


これを、パラフレーズと読んでいます



では、具体例として

平成30年試行テストの第6問Aの問2で見てみましょう


問いは


According to the article, there is little difference between men and women

in(  )


となっていて、同じようなフレーズを本文に探します



本文の3段落4行目に、


showed no meaningful difference in accident rates between

male and female pilots.


という文があって、ここだなと見当をつけます


これをさらに細かくみてみると、


no meaningful → little

male and female → men and women


とパラフレーズされています


これが特定できると、

答えの箇所に入るのは、"accident rates" だとわかります


1  how easily they learn to operate airplanes

2  how likely they are to be involved in accidents

3  how much time they can spend on work

4  how people perceive their suitability for the job


選択肢の中で、accidents が入っているのは2だけなので、

これが正解となるわけです



このパラフレーズを見抜くことで正解を導く方法は、

共通テストに限らず、


英検でも、TOEICでも、学校の定期テストでも使える

とても役立つアプローチです


ぜひ活用してください









3回の閲覧

最新記事

すべて表示

「英語の格差」を広げないために

昨日、2025年(現在中学2年生が受験)の共通テストに 「情報」の科目が新設される案が発表されました 小学校のプログラミングが今年度からスタート デジタルネイティブと言われる世代の子供たち その中でIT分野で世界に遅れをとる日本 そう考えると必至の方策なのかもしれまんが 情報格差、環境格差で大きな差がでてくるのではないだろうかという不安もあります そして格差が広がっているというのは、英語教育にも当

052-990-1059

〒466−0833 愛知県名古屋市昭和区隼人町7−12 セブンス杁中 2階

©2020 by Language Innovation