検索
  • 原田貴之

【英会話】語順をマスター'4W'

英語でみんな苦労するのが単語の並ぶ順番、「語順」です


日本語は、SOV言語といって"主語+目的語+動詞"の順番に並んでいます


具体的には、


「私は・英語を・学ぶ」という並びです


一方、英語はSVO言語といって


「私は・学ぶ・英語を」の順番になっています


この違いが、外国語学習にとって大きな障壁となっています


中国語は英語と同じSVO言語なので、中国人の方が日本人より一般的に習得が容易なんです


さらに、日本語は主語をよく省略するという特徴があるため、


余計に難しいと感じてしまうのです


高校生で学ぶ「5文型」といのが英語の代表的な語順をまとめたものなのですが、


だいたい、これを習って英語がキライになるという傾向があります



さて、「5文型」を使いこなせる人は、いわゆる「上級者」ですので、


ここではもっとシンプルなお話をします



英会話の瞬発力を高めるために、まず


4W=Who誰が・ What何を・Whereどこで・Whenいつ


のパターンを練習します


ちなみに、WhoとWhatの間に動詞が入ってきますので、


だれが / どうした / 何を/どこで/いつ


となります


具体的には、


「火曜日にクレインで英語を勉強しています」

     ⇩

「私が / 勉強する / 英語を / クレインで / 火曜日に」

     ⇩

I / study / English / at Crane / on Tuesdays.



「私はきのう金沢で海鮮を食べました」

     ⇩

「私は / 食べた / 海鮮を / 金沢で / きのう」

     ⇩

I / ate / seafood / in Kanazawa / yesterday.


となります


場所や時間を表す時に用いる "in" "at" "on" といった前置詞の使い分けは最初は気にしなくて大丈夫です


日本語でも、「てにをは」の使い分けは難しく、


それが間違っていても理解を損なうことはほぼありません


英語の前置詞もそれと同じなのです


また、動詞を現在形の3人称単数Sや過去形の変化もありますが、


うしろの "on Tuesdays", "yesterday"ということばでわかりますので


最初のうちは気にしない



4W=Who誰が・ What何を・Whereどこで・Whenいつ


に当てはめて素早く発話できるように心がけましょう



実は、語順を間違えることで、意味が大きく変わってしまうことになります



Taro loves Hanako. と Hanako loves Taro.


これを捉え違うと、後々大問題に発展しかねないですからね


ということで、まずは、語順を定着させる


これが、英会話を習得するとても大事な一歩なのです


3回の閲覧

052-990-1059

〒466−0833 愛知県名古屋市昭和区隼人町7−12 セブンス杁中 2階

©2020 by Language Innovation