検索
  • 原田貴之

【英文法】マルチタレントの"that"

久しぶりに英文法のお話です


今日は英語でいちばん最初のほうに学ぶ "that"


皆さんはいくつの意味を知っていますか?


たぶん一番最初に出てくるのは、


① 遠くのものを指す代名詞の「あれ」「あの」 

That is Crane English school.


ではないでしょうか。次はどうでしょう



② 接続詞で動詞の目的語(名詞のかたまり)になる「〜ということ」

I know that Crane is a wonderful school in Nagoya.


that以下が「何を知ってるの?」という目的語のかたまりになります



まだ出ますか?

中学で学習する範囲でもうひとつあります



そう、かの有名な


③ 関係代名詞で名詞を後置修飾(うしろで説明)


Crane is an English school that Takayuki Harada established in April, 2020.

「クレインは英語英語学校」どんな学校?→「原田貴之が2020年4月に設立した」



この1〜3のthatの区別ができるかどうか、特に接続詞なのか関係代名詞かの区別ができれば、第1ハードル はクリアです


見分け方は実に簡単、thatの前に何があるか


動詞+that = 接続詞=「何を?」と読む

名詞+that = 関係代名詞=「どんな?」と読んでいく



こんなマルチなthat、もう一つあるんですよ


わかりますか?


こんな例文で考えてみましょう



Many peope hold the belief that we should first master its grammar in learning English.


thatの前にあるのは、 the belief という名詞だから…


関係代名詞!


「多くの人が信念を持っている」+どんな?→「英語を学ぶにはまず文法を完璧にすべきだ」


という意味になるし、やっぱり関係代名詞!


確かに、読み方としてはそれで合っています

でも、関係代名詞ではないのです。


だって、関係代名詞は『うしろが主語や目的語がない不完全文になる』

という特徴があるからです

この話は関係代名詞と関係副詞の違いについて説明したブログをご覧ください


ここでは、we(主語)+master(動詞)+ its grammar(目的語)

という完全文なのです


じゃあ、いったいこのthat は何者??


答えは、


④ 接続詞「同格」のthat 「〜という(名詞)」


これは接続詞なんですが、関係代名詞のように名詞を後ろで詳しく説明する働きがあります



「まず文法を完璧にすべきだという信念を持っている」


と、「〜という」をつけて日本語になることが多いです


このように、


マルチタレントの"that"


① 遠くのものを指す代名詞の「あれ」「あの」 

② 目的語(名詞のかたまり)になる接続詞「〜ということ」

③ 名詞を後置修飾する関係代名詞(うしろで説明)

④ 同格の接続詞 「〜という(名詞)」


あらゆる英文に見られるので、どの使い方か考えながら読んでみましょう










4回の閲覧

052-990-1059

〒466−0833 愛知県名古屋市昭和区隼人町7−12 セブンス杁中 2階

©2020 by Language Innovation