【英文法】自由気ままな副詞が悩ませる…

今日は昨日に引き続き副詞のお話です


昨日のブログの最後で

動詞を修飾する副詞は、後置修飾が基本だけど

必ずしもそうじゃないとお伝えしました


今日は副詞の位置について少し深掘りしてお伝えします



まずは、"Yesterday"という副詞から具体的な例を見てみます。


副詞は基本的には後置修飾ですから、動詞の後ろにあって、


I went to Irinaka yesterday.


となります


でも、


Yesterday, I went to Irinaka.


と文頭に来たりもします



また、"always"という副詞がありますが


これは、


I always get up at 6 o'clock.


のように、動詞の前に来たりもします



うーん…


なんでこんなに副詞は自由なのでしょう?


それは、


副詞は文の骨格にならないから


と言えます


文の骨格とは、


主語・動詞・目的語・補語


といった文を作るのになくてはならないもののことで


高校生以上の人は

"S+V+O"とか、"S+V+O+C"とか

あの、ややこしい「5文型」というやつです


名詞や形容詞は、

この文の骨格になるので

「君は、ここね」

と場所を特定されるのですが、


副詞は、残念ながらこの骨格になるという

重要な仕事を任されない代わりに


「君は、うん、まぁその辺にいてよ」


という感じで

絶対ここ!という場所を決められていないのです

(決められていることもたまにあるんですけどね、ここでは割愛)



ということで、英文を書く時に

副詞をどこに置こうかというのは

書き手に委ねられていることが多くて実は奥が深いのです


話の流れであったりとか、

強調したいかどうかとか、

文学的な韻や間を考えてどうとか…


とっても悩ましいやつなのです



「ここにいなさい!」と決められている不自由な生活もいやですが、

かといって、

「自由を与えられるとどうしたらいいかわからない」というのは


私たちをこれから待ち受ける世界と同じかもしれないですね




では、皆さんよい連休をお過ごしください



4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【共通テスト】リスニングで登場したいろんな英語:Englishes〜勉強のアドバイス

今回の共通テストリスニングで反響が大きく、ツイッター上でも炎上した第6問B。4人が電子レシートと紙レシートについて討論をしている会話。 ここに画期的だったことがありました。 それは、 様々な英語のアクセント(なまりではなくアクセント)を取り入れたこと この問題には、アメリカ 英語、イギリス英語、日本語英語もはいっていて、「だれがしゃべってるかわからない」「なまりがきつくて理解できなかった」といった

クレイン英学校

​CRANE

by Language Innovation

052-990-1059

〒466−0833 愛知県名古屋市昭和区隼人町7−12 セブンス杁中 2階

©2020 by Language Innovation