検索
  • 原田貴之

【英文法】自由気ままな副詞が悩ませる…

今日は昨日に引き続き副詞のお話です


昨日のブログの最後で

動詞を修飾する副詞は、後置修飾が基本だけど

必ずしもそうじゃないとお伝えしました


今日は副詞の位置について少し深掘りしてお伝えします



まずは、"Yesterday"という副詞から具体的な例を見てみます。


副詞は基本的には後置修飾ですから、動詞の後ろにあって、


I went to Irinaka yesterday.


となります


でも、


Yesterday, I went to Irinaka.


と文頭に来たりもします



また、"always"という副詞がありますが


これは、


I always get up at 6 o'clock.


のように、動詞の前に来たりもします



うーん…


なんでこんなに副詞は自由なのでしょう?


それは、


副詞は文の骨格にならないから


と言えます


文の骨格とは、


主語・動詞・目的語・補語


といった文を作るのになくてはならないもののことで


高校生以上の人は

"S+V+O"とか、"S+V+O+C"とか

あの、ややこしい「5文型」というやつです


名詞や形容詞は、

この文の骨格になるので

「君は、ここね」

と場所を特定されるのですが、


副詞は、残念ながらこの骨格になるという

重要な仕事を任されない代わりに


「君は、うん、まぁその辺にいてよ」


という感じで

絶対ここ!という場所を決められていないのです

(決められていることもたまにあるんですけどね、ここでは割愛)



ということで、英文を書く時に

副詞をどこに置こうかというのは

書き手に委ねられていることが多くて実は奥が深いのです


話の流れであったりとか、

強調したいかどうかとか、

文学的な韻や間を考えてどうとか…


とっても悩ましいやつなのです



「ここにいなさい!」と決められている不自由な生活もいやですが、

かといって、

「自由を与えられるとどうしたらいいかわからない」というのは


私たちをこれから待ち受ける世界と同じかもしれないですね




では、皆さんよい連休をお過ごしください



4回の閲覧

最新記事

すべて表示

「英語の格差」を広げないために

昨日、2025年(現在中学2年生が受験)の共通テストに 「情報」の科目が新設される案が発表されました 小学校のプログラミングが今年度からスタート デジタルネイティブと言われる世代の子供たち その中でIT分野で世界に遅れをとる日本 そう考えると必至の方策なのかもしれまんが 情報格差、環境格差で大きな差がでてくるのではないだろうかという不安もあります そして格差が広がっているというのは、英語教育にも当

052-990-1059

〒466−0833 愛知県名古屋市昭和区隼人町7−12 セブンス杁中 2階

©2020 by Language Innovation