検索
  • 原田貴之

これが分かれば英語がグッと読めるようになる「後置修飾」とは?

昨日、中学2年生で学習する

多くの生徒がここで挫折をしてしまう

「不定詞」の働きについて書きました


今日は、その中の「形容詞」にフォーカスしたいと思います

そして、英語での形容詞の特徴が分かれば

格段に英語が読めるようになることは間違いなしです


まずは、そもそも形容詞って?

というところから始めます


簡単にいうと、

「〜い」で終わる単語が形容詞です


暑い、高い、白い、美しい、おもしろい…


それから、日本語では形容動詞という

「〜な」で終わる単語も英語では形容詞に分類します


元気な、高価な、親切な…


そして、この形容詞は


名詞を修飾(説明)します


面白い+本

親切な+先生


英語でもここまでは同じで


an + "interesting" + book

a + "kind" + teacher


となります


ここまでは、日本語も英語も同じなので問題ありません


違ってくるのは、


修飾することばが長くなったときです


日本語は、どんなに長くなっても修飾のことばは

名詞の前にきます


"留学する前に読んでおくべき"+本

"中学生に英語を教える"+先生


ところが、


英語は修飾のことばが名詞の後ろに回ります


a book + "to read before studying abroad"

a teacher + "to teach English to junior high school students"


これは

「後置修飾」

と呼ばれ、

日本語と英語の違いの大きな特徴のひとつです


日本語だと修飾はどんな時でも名詞の前にあるので

どうしても、この後ろで説明というのが、見えづらい


そして、この後置修飾、実は

不定詞だけでなく、至るところで登場します


a city "in Aichi"  "愛知県にある"街 (前置詞+名詞)


a school "located in Showa ward" "昭和区にある"学校 (過去分詞)


a teacher "who studied in Australia" "オーストラリアに留学していた"先生(関係代名詞)



どうでしょう

この形容詞の働きと後置修飾がわかると

英語がグッと読めるようになるはずです


クレイン英学校では、言語学を専門とする講師が英語のモヤモヤを解決するアプローチで

文法を基礎から丁寧に教えます。

無料体験授業やカウンセリングはお気軽にお問い合わせください




10回の閲覧

最新記事

すべて表示

【英語の第一歩】英語テストに要注意

昨日、英語は日本語とは違い、音とスペルが一致していない言語だとお伝えしました 今日は、それを踏まえた上での英語のテストについてのお話です 英語のテストといえば、まずは「英検」がいちばん有名ですので 英検でお伝えすると、 5級と4級では、「読む」「聞く」のみ(「話す」も一応あります)で スペルを書かせることはありません 3級ではじめて「書く」問題があるのですが、 「夏と冬のどちらが好きですか。理由と

052-990-1059

〒466−0833 愛知県名古屋市昭和区隼人町7−12 セブンス杁中 2階

©2020 by Language Innovation