どうすれば「グローバル人材」になれるの?

英語はどうやってできるようになるのでしょう?

また、その先にある、いま国や企業が求める「グローバル人材」

には、どうすればなれるのでしょうか?


過去のブログでも触れていますが、

私個人としては、

「海外で実際に英語を使う経験」は欠かせないと思っています

留学自体もそうですが

留学をするぞ、という前提があると

英語学習に対するモチベーションが違います

結果、学習効果にも大きな変化があるのです


でも、まだまだ新型コロナウイルスの感染が収束する様子もなく

ワクチンの実用化も少し先になりそうです


では、そんな中で「いつか留学をしよう」というモチベーションは

どこからやってくるのでしょうか?


それは、


実際に海外で活躍してきた人の経験を聞いて

自分もそうなりたい!と思うことです

いわゆる、「憧れ」というやつです


「わー、面白そう!そんなことができるんだ!

 日本とは全然違うんだ」


そういったワクワクが、留学に対するモチベーションを沸かせてくれます


現在クレイン英学校には、原田貴之ひとりしかいませんが

幸い私の周りには、「グローバルに活躍するすごい人」がたくさんいます


そんな人たちの、なかなか普通とは違う人生のストーリーを聞けたら、

それはとても面白そう!


そして、その話から、

クレインの生徒さんもそうでない人も含めて

留学に対するきっかけや

人生でチャレンジするきっかけみたいなものを伝えられたら…


そんな好奇心から、


「第1回オンライングローバル講演会」を開催することとなりました。


詳細は、次回のブログでご紹介しますが、

すでに、私はワクワクが止まりません!








閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示