教室づくり

名古屋市営地下鉄鶴舞線いりなか駅を上がってすぐのところにあるクレイン英学校の教室。床も天井も壁もない完全なスケルトンの状態からの内装工事となります。

エイトデザイン、ハチカグさんは塾のデザインははじめてということですが、担当の建築士の方が教育というフィールドに関心を持っておられ、今回の私たちの案件を引き受けてくれました。「学習の場であり、気持ちを起爆させる場」「原田さんの魅力を最大化する場」というデザインコンセプトをいただき、従来のカタチにとらわれない、自由でリラックスでき、そして知的好奇心を誘発する、そんな空間にするために、連日長時間の打ち合わせにも辛抱強くお付き合いいただいています。

ゾーニングから、カラーコンセプト、建具のサイズに至るまで詳細な打ち合わせを行っています。どんな教室ができるでしょうか。


74回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【共通テスト】リスニングで登場したいろんな英語:Englishes〜勉強のアドバイス

今回の共通テストリスニングで反響が大きく、ツイッター上でも炎上した第6問B。4人が電子レシートと紙レシートについて討論をしている会話。 ここに画期的だったことがありました。 それは、 様々な英語のアクセント(なまりではなくアクセント)を取り入れたこと この問題には、アメリカ 英語、イギリス英語、日本語英語もはいっていて、「だれがしゃべってるかわからない」「なまりがきつくて理解できなかった」といった

クレイン英学校

​CRANE

by Language Innovation

052-990-1059

〒466−0833 愛知県名古屋市昭和区隼人町7−12 セブンス杁中 2階

©2020 by Language Innovation