検索
  • 原田貴之

本当に英語が話せるようになる!「オン×オフラインブレンディッドラーニング」

英語には「読む」「聞く」「書く」「話す」

という4つの技能がありますが、

この中で、

「皆さんはどれが一番自信がないですか?」



おそらく、

ほとんどの人が自信を持てないのが、



「話す」


ではないでしょうか?


授業アンケートや教員研修の際によくこのアンケートをとるのですが、

ほぼ必ずと言って良いほど

「話す」がいちばんできないという答えになります



日本人はどうしてこんなにも英語が話せないのでしょう?



理由はいくつかあります。

日本語は英語と音韻・文法形態がかなり違いますから、

英語と親戚関係の言語を話すヨーロッパの人が

英語を学ぶのに比べて

私たちにははるかに長時間の学習が必要です


それよりも一番は、

「話す機会がない」ということです


もっと言うと、

「話さなくても困らない」

からです

例えば、同じアジアでも

マレーシアなどでは

高等教育はすべて英語で行われています

大学に行きたければ、英語が使えないといけない

という状況があったりします


また、フィリピンでは、

家では現地の言語(タガログ語など)を話しますが

学校教育はすべて英語オンリーです


こう考えると

日本で英語が話せるようになるには

相当の労力とモチベーションが必要になりそうです


そんな状況でどうすれば英語が話せるようになるのでしょうか?


今日は、短期間で英語が実際に話せるようになった

ある生徒さんのお話をお伝えします



この生徒さんは、この春大学の英文科に入学しました

受験英語は得意だったものの

英語を話す経験はほとんどなく

入学後は外国人留学生と積極的に交流をして

英語が使えるようになりたいという希望を持っていました


ところが、このコロナ禍で

授業はすべてオンラインに


英会話授業もほとんど行われず

少しあるネイティブの先生の授業も

ほぼ聞いているだけ

という状況に終わってしまいっていました


そんな状況に危機感を持って

クレイン英学校の門を叩きましたのが2ヶ月前…


そして、今週から大学の後期授業が始まり

先日さっそく英語の授業があったそうです


そこで彼は自分の変化に驚きます


「前期は自分はほぼ無言だったのに、

いまは英語がスラスラ出てきて自分でもビックリ!

ネイティブの先生が言うことにも自然に対応できました」


英語を話すことに自信のなかった彼が

嬉々としてその時の様子を話してくれるのを聞いて

私も感激してしまいました


この生徒さんはどうやって短期間で英語が話せるようになったのでしょう?


受講しているのは、


「オン×オフラインブレンディッドラーニング」


というクレイン英学校独自のプログラム


前任校で教員をしていた2018年に

オンライン英会話大手レアジョブ(現在は学校専用の株式会社エンビジョン)と


「オンライン英会話の外国人講師と日本人英語教師 の良いとこ取りをして

相乗効果で学習効率を上げよう」


というコンセプトで

共同開発をしたプログラムです


ダブルティーチャーによる1回60分の授業はこのように構成されています


日本人講師がテーマを紹介

  ↓

テーマに即した語彙や表現を日本人講師から学ぶ

  ↓

英語の質問ー答えを練習

  ↓

オンラインで外国人講師とレッスン

  ↓

予習をした語彙や表現を即実践

  ↓

オンラインレッスン後、

日本人講師が「できたこと・次回への課題」をフィードバック


教材は非常に豊富で、

レベルは初心者から上級者まで細かく分かれており

各レベルには何十もの様々なトピックが用意されています


生徒さんのレベル、関心、年齢、学習の目的などに合わせて

ひとりひとりオリジナルのカリキュラムを作成しています


これを繰り返すことによって

自然に使える英語を身につけていったのです


この生徒さんはまだブレンディッドラーニングをはじめて2ヶ月

これからますますレベルアップしていくのがとても楽しみです!


クレイン英学校は、英会話も英文法も受験英語もぜんぶ一度に学べる英語学校です


他では受講できないクレイン英学校独自の

「オン×オフラインブレンディッドラーニング」

無料体験・カウンセリングはこちらからお気軽にお問い合わせください







8回の閲覧

最新記事

すべて表示

「英語の格差」を広げないために

昨日、2025年(現在中学2年生が受験)の共通テストに 「情報」の科目が新設される案が発表されました 小学校のプログラミングが今年度からスタート デジタルネイティブと言われる世代の子供たち その中でIT分野で世界に遅れをとる日本 そう考えると必至の方策なのかもしれまんが 情報格差、環境格差で大きな差がでてくるのではないだろうかという不安もあります そして格差が広がっているというのは、英語教育にも当

052-990-1059

〒466−0833 愛知県名古屋市昭和区隼人町7−12 セブンス杁中 2階

©2020 by Language Innovation