検索
  • 原田貴之

SDGsって何?

クレイン英学校が長坂塾とのコラボ企画、クリティカルシンキング講座の第二回が行われました。


今回のテーマはSDGs





この言葉が国内で使われ出して早数年、

だいぶ浸透してきたかと思いきや、

高校生や大学生の間でも意外にまだ知られていないというのが実情です。


SDGsとは、

Sustainable Development Goalsの頭文字


日本語では「持続可能な開発目標」

と訳されています。


2015年に、国連で採択され2016年から2030年までの15年間で、

全世界で協力して達成しようという17の目標が掲げられました。


貧困ゼロ、男女平等、持続的な経済発展、環境保護など、

一国で解決できない問題について

私たちひとりひとりが意識をし、そして行動することで

解決を目指していこうという理念です。


キーワードは、

No one will be left behind

「誰一人取り残さない」


学校で、会社で、自分の住む地域で

No one left behindを実現するために

私たちは何ができるでしょう?


1週間前に行われた長坂先生との日本語によるディスカッションを経て

今回は英語でSDGsについて学び考えました。


17の達成目標をひとつひとつ確認しながら、


"Does this issue apply to Japan?"

「これは日本にも当てはまる?」


"How about in other parts of the world?"

「では、世界の他の地域ではどうだろう?」


"If the number of umemployment increases, it will lead to another problem, such as poverty or hunger..."

「もし雇用されない人が増えたら、貧困や飢えといった他の問題にもつながっていくね」


"Now the government tries to shift from coal power to nuclear or solar energy, so I think Japan is moving toward green."


など、対話の中で

理解と議論を深めていきました


目標をひとつずつ確認した後は、カードゲーム


「世界の35億人はインターネットにアクセスできない」

「2.6億人の子供が学校に通っていない」

「1兆円分の食べ物が捨てられている」…


などなど、世界の現状が書かれたカードを並べ

それがどの目標に当てはまるかをみんなで考えていきました。




英語が得意な生徒もそうでない生徒もいます。

得意な生徒が苦手な生徒を手助けしながら

みんなで完成させていきます


SDGsの17番目の目標


"Partnerships for the Goals"

「目標に向けて協力をする」

そんな場面が垣間見られる

セッションでした。


さて、

このように今まさに社会で起こっている話題を取り上げ

日本語と英語で多角的に思考する

「クリティカルシンキング講座」


興味のある方は、ぜひ一度お気軽に体験にお越しください。


お問い合わせは、こちらから











28回の閲覧

最新記事

すべて表示

「英語の格差」を広げないために

昨日、2025年(現在中学2年生が受験)の共通テストに 「情報」の科目が新設される案が発表されました 小学校のプログラミングが今年度からスタート デジタルネイティブと言われる世代の子供たち その中でIT分野で世界に遅れをとる日本 そう考えると必至の方策なのかもしれまんが 情報格差、環境格差で大きな差がでてくるのではないだろうかという不安もあります そして格差が広がっているというのは、英語教育にも当

052-990-1059

〒466−0833 愛知県名古屋市昭和区隼人町7−12 セブンス杁中 2階

©2020 by Language Innovation