生徒たちの声

今まで学校で教えてきた卒業生たちからの声が届いています

英語+思考力+グローバルな視野を育てる|クレイン英学校|名古屋市昭和区いりなか 英語+思考力+グローバルな視野を育てる|クレイン英学校|名古屋市昭和区いりなか 英語+思考力+グローバルな視野を育てる|クレイン英学校|名古屋市昭和区いりなか 英語+思考力+グローバルな視野を育てる|クレイン英学校|名古屋市昭和区いりなか 英語+思考力+グローバルな視野を育てる|クレイン英学校|名古屋市昭和区いりなか 

私の中で原田先生の授業は大学入試のためだけの英語教育ではなくてちょっと英語の世界を広げてくれるような感じでした。

今でも印象的なのはある授業で「イギリス?がEUに入るか入らないか」っていうのをビデオで見てた時ですね。当時は英語で何かを見るなんて誰もしたがらないのに(特に受験だけのために英語を勉強してる高校生は)、あの時ビデオを理解できるように英語がもっとわかるようになりたいなって思いました。

日本人がよく言われることですが、わかるのに喋れないっていうことがあるので、授業でスピーキングの練習ができたのが良かったなと思います。

南山大学 外国語学部

やはり書く聴く話す、すべてを満遍なく指導してくださることです。高校英語というとどうしてもセンターや有名私立の筆記リスニング対策になるのが一般的ですが、原田先生は普段の授業で、机に座って問題を解く!ということよりも実践的な授業をされていたなぁと感じます。

大学に入って完全英語の授業になりましたが、話せないと容赦なく置いて行かれ、指示も把握できず落単、という感じでした。私は英語が得意な方ではありませんが、原田先生が英語で授業されていたので聞き馴染みがあり助かりました。

原田先生の教師としての魅力は、英語教育に対する想いの深さだと感じます。何年も先生をやられているのに、ずっとずっと時代に適した授業をできるよう熱く努力されているのを生徒は感じていると思います。

​信州大学 人文学部

原田先生の良いところは、リアルな英語の世界を見せてくれたところです。

センター試験とかの大学に受かる為だけの小手先の知識だけじゃなくて、例えばユーモアや引用を交える時に、ダブルクォーテーションのジェスチャーをするとかは洋画見てる時に「あ、これ先生言ってたやつだ!」ってよくなります。

実は一緒に先生の授業を受けていた同級生たちとNYに5日間旅行したんですけど、冗談抜きで10回は「これ原田が授業で言ってたやつだ!」って会話を3人でしました笑

​明治大学 法学部

私は英語がずっと大嫌いで、苦手でした。だから、人よりも分かっていないことが多いから先生に質問してもすごい時間かかっていたのに、毎回先生は私が分かるまで何度も教えてくれた事が私が一番先生に感謝していることです。また、授業中の私の拙い英語や教科書の文章をまとめて発表できるようにする事など、教科書をそのまますると言うよりは自分のなかで1度噛み砕く必要のある授業でした。だから、少しずつ英語で話せることや量が増えていき、少しずつ楽しくなっていきました。今では、確かに英語が苦手ではあるけど、好きではあるという認識にできたのは、原田先生に教えていただいたからだと思います。

名城大学 薬学部

原田先生に教わってよかったと思うのは、授業を通して英語を勉強することを苦痛と感じなかったことです。それまでも英語は好きだったんですけど、授業が楽しいと思ったことはあんまりなかったのですが、原田先生の授業を受けてると、自然と本文の内容が入ってて、しかもテスト前には最初の方にやったことなんて忘れてる、なんてことがなくて、習ったことをちゃんと理解して自分のものにできてるなあと実感しました。何よりも今までの英語の授業の中で一番充実した授業だったと思います、50分が毎回あっという間でした。

自然とインプットとアウトプットができて内容を定着させることができたんだと思います。だんだんうまく言えるようになると達成感もあって、英語勉強するのってこんなに楽しいんだ、と思ったのと、もっと話せるようになりたいと思うようになりました。

​愛知県立大学 外国語学部

英語教師としての原田先生の印象は「英語の本質をよく捉えているかつ真摯に英語と向き合っている先生」、そんな感じですね!ベースとしてコミュニケーションの手段としての英語や英文法を教えて頂いたほか、プラスとしてディクテーションやアカデミックプレゼンテーションを実践するなど、より広い範囲で英語を学べたと今つくづく思います。ここまで広い幅で英語と向き合っている先生というのは、なかなかいらっしゃらないと思います。

​中京大学 文学部

原田先生は常に英語教育について考えていて、新しい形や最良の形を追い求めています。様々な内容(アカデミックプレゼンテーションやオンライン英会話) に高校で挑戦させてもらったことで、将来の方向性を考えるきっかけや自分の見聞を広げることにも繋がりました。また、意欲的に教育の質の向上などについて取り組む姿が自分にとって刺激になり、学習意欲も向上しました。

​大阪教育大学 教育学部

原田先生の授業の良かったと思うのが、インプットしながらアウトプットする時間が多かったところですね。

例えば、英作文問題に対してただ1つの模範回答を示すだけでなく 、複数人の生徒に尋ね発言させ、その回答を添削することで、どのような英文は良くてどのようなものが逆に違うのか、発言した生徒自身だけでなく聞いている生徒達も考えることができます。ただの模範回答の暗記ではないので、ライティング上達に繋がっていたなと。コミュニケーション英語の授業では、単語や言い回しを覚えながら、それを使ってすぐに話す聞く機会が多かったことが、インプットの効率性もリスニングスピーキングスキルも向上させていたのではないかなと思います。高校の時に私自身1番力を入れていたのが英語学習だったので、原田先生の影響は大きかったです。

早稲田大学 商学部

先生に英語を教わって良かったと思うのは、ただ単純に英語を学ぶだけでなく得た知識をこの社会の中のどこに使うか、また、どの方面に活かしていくかを学習出来たことです。実際に、高校2年の最後に行った英語を用いたプレゼンや資料作りは大きく自分の力に影響したと感じています。実際に社会で使うような場面を想定して学習出来たことで普通に学ぶよりもかなり差が生まれたと感じます。

​名古屋学芸大学 メディア造形学部映像メディア学科

原田先生の英語の授業はとてもインパクトがあって今でも覚えています。特に英語の授業を英語で進行するところが印象的でした。この時から、頭の中で英語を日本語に翻訳して理解するのではなく、英語を英語で理解することの大切さを知りました。またOral Communication の時には失敗しても良いので、言葉に出してみて話すことの重要性を学ばせていただきました。失敗しても原田先生が暖かく笑ってくださった為、英語が楽しく感じたことを覚えています。

​玉川大学 農学部 
アジア農村指導者養成専門学校

最近の英語教育で必要となってくることは英文法を覚えること、書いてある英文を発音することは当たり前なのですが、特に重要なのが英文を自分で考えて発音すること、リスニングして意味を考えることだと思います。

僕が今まで受けてきた英語の授業は英文法を覚えること、書いてある英文を発音することに重点的にしており、実践的に使えるようになるかは疑問的でした。

しかし、原田先生の授業では英文を自分で考えて発音すること、リスニングして意味を考えることをアクティブラーニングを通じて行っていたのが印象的でした。

​愛知教育大学 教育学部

原田先生の授業を受けて良かったのは、間違いなく英語力の向上です。コミュニケーションの授業では会話自体は教科書の英文が主でしたが、ペアで毎時間ちゃんと自分の耳で発言を確かめられ、表現の授業での原田先生の文法の授業で習ったことは、現にアメリカの大学の学部生としての基礎として生きています。

A.A., Coffeyville Community College
 B.A., International Business Studies, Temple University

発言をできるだけ英語でするというのが、最初は文法ミスや言いたい事が伝わらないのではないかと不安でしたが、だんだんみんな間違えても当たり前なんだと思えてきて、そんなに気兼ねなく発言できたと思います。

他の先生は、英会話を教えるときは全て英語で、文法を教えるときは日本語で、のように使い分けをしている印象がありますが、原田先生は、文法も英語で説明してくださる事があって、かつそれについて後から日本語でも解説してくれていたので、文法を英語でも解説してくれるという点が、わたしはとても好きでした。

​神戸市看護大学 看護学部

原田先生の授業の印象は、私からすると、実践的で活用的な英語学習ができるなということです。日本の英語授業は世界一最悪と言われますが、原田先生の授業は他の先生とは違って読む書くだけでなく話す聞く機会が豊富でした。友達と英語で会話したり人前で発表する機会が多かったように感じます。また、アクティブラーニングで行った自分の興味のある分野を探究し、論文まで書くというのは、今の大学生活でレポートを書くときにも役立ちますし、高校でこんなことを成し遂げたんだという自信にもなっています。これを達成できたのは、原田先生が最初から最後まで助けてくださったからです。試験に向けた勉強でも、分からない子に自分なりに説明させることでさらに理解が深まり、普通より1つの問題にかける時間はかかってしまうけど、時間を割く価値のある勉強法だと思います。

​熊本大学 医学部

先生はご自身も英語を常に勉強されていて、ストイック。他の先生との比較になってしまいますが、今まで会った先生の中で誰よりも英語が好きということが伝わっていました、この印象が一番強いです。授業自体も英語で進めていたので、聞く、発するなど書く以外の場面でも英語に触れることができました。他の先生よりも発音などにも触れて授業を行っていらっしゃいましたし、英文法などでは複数人の生徒にヒアリングを行うことで、自分と他者の比較(こんな書き方があるのか!などの発見)ができて良かったです。

​立命館大学 映像学部

原田先生の授業を受けたのは高2.3年だったので、英語の勉強も受験がメインでしたが、それだけに収まらず、プレゼンなど大学やその後の社会人生活でも役立つような先を見据えた英語の取り組みをされている、という印象でした。受験のためだけではなく、その先も役立つような英語を学べたことが良かったと思います。特に大学では英語のプレゼンをする機会が多いので、実際に役立っています。

​名古屋大学 教育学部

私にとっての、英語教師としての原田先生の魅力は、先生の本気の姿を見て、周りの人がついて行きたくなる・自分も頑張りたいと思えるところです!先生が授業を楽しんでやっている・本気で授業を行なっている思いが伝わったから、私も授業が楽しかったし、本気で授業に臨みたいという意欲に繋がりました。

   あと、英語に対する知識が豊富で、安心・信頼して、先生について行きたいと思いました。自分も原田先生みたいになりたいっていう思いもあったので、「原田先生についていけば絶対大丈夫!英語が出来るようになるはず!英語を好きになれる!きっと自分も先生みたいになってみせる!」と信じて勉強を頑張ることができました。

岐阜聖徳大学 教育学部

​名古屋市小学校教諭

授業を通して先生が日本語をほぼ使わず、教室全体が英語の空間と化していたことで英語に慣れることができたと思います。(先生が正しい発音で話すことが重要であり、それもクリアしていたのかなと)それによって試験ではリスニングが余裕でした。

ライティングではPCとモニターを使って文章を先生が書くことで、発表者(伝える側)は正しい発音で文章を読まなきゃいけないという練習、聴く側の生徒たちは発表者の作った文章を視覚的に捉えることができて分かりやすかったと思います。

教科書の内容や指導事項とは関係ない時(ふと発せられる独り言のようなもの)でも英語で、より実生活に近い言葉遣いを学べたり、クスッと笑ってしまいながら楽しんで学べました。

​東京学芸大学 教育学部

I predominantly came up with two advantages of Mr. Harada. First, his sharp intellect and use of Japanese. A professor in my seminar who is also a magisterial interpreter often tells the importance of mother languages to students that the ability of mother tongue never overweighs that of other languages and that we must learn English based on our Japanese abilities. I’m for her opinion and believe nurturing the Japanese ability is indispensable and the very first step to learn other languages. When I was in Mr. Harada's class, he helped me with my letter of motivation for APU, and his words were quite sophisticated and convincing, which have edified many of students including me. No wonder the English level of my class was very high. Thus, I’m pretty sure he can improve the way of thinking of students, Japanese as well as English proficiency. Secondly, What I feel he is different from teachers I’ve met so far is his enthusiasm about English education. It is definitely true that they were all great teachers. However, in terms of considering the way of English education, it seemed they were not as eager as Mr. Harada. Also, the fact that he have been working on the projects for MEXT (and so forth) can inspire students to become interested in learning English.

​愛知県立大学 外国語学部 

個人的には、応用の中に基礎を織り混ぜて、広がりを持った教え方をされる先生だと思っております。さらに文章問題の解説では、答えを導くきっかけを特に大切にした上で、さらっと出てきた難しい単語を、発音から同義語までを簡潔に教えていただけると感じていました。まとめると、“微に入り細を穿つ”印象が強いです。

長文のテーマを、文章の中だけに収まらずそこから膨らませて、TEDなどの映像を見たりすることで、知識の底上げができることが楽しかったです

中央大学 商学部

原田先生はぼくの英語人生で大きな飛躍を与えてくれた存在だと思っています。
・スピード感のある授業で、生徒のインプット→アウトプットのサイクルを高速化していただける授業が魅力だと感じていました。一度授業を止めて生徒が思考する時間を設定するのも有効だった思っています。
・教員の方で海外を推奨する人はそこまで多くなかったと思います。ご自身の留学経験や、日本人はもっと世界に飛び出るべきというマインド面についても発信を続けていってもらえたらと思っています。【お金を借りてでも海外に出る】その価値は大いにあると思います。ぼくも15か国大学在学中に足を運びました!
これから優秀な日本人人材の海外流出は避けられないと思っています。ですが、そういった優秀な人材の教育は不可欠で、先生のようなマインドの方による目的のある教育がされるべきだと思っています。

法政大学 キャリアデザイン学部 

​マイナビ独立開業支援室

原田先生は、英語という教科を他の先生よりも分析している、現在日本で行われている英語教育をどのように改善させていくか、常に試行錯誤している先生という印象です。

日本の高校で行われている中で、最先端の英語の授業の取り組みを体験できたことがよかったです。

早稲田大学 政治経済学部

052-990-1059

〒466−0833 愛知県名古屋市昭和区隼人町7−12 セブンス杁中 2階

©2020 by Language Innovation