検索
  • 原田貴之

【英文法】これで解決、関係代名詞と関係副詞の区別

中学校で学ぶ関係詞代名詞(名詞をうしろで説明する働き)

高校では、関係副詞というのを学びます


関係代名詞=that, which, who,


関係副詞=when, where, why, how


これら全部が働きは同じ


名詞をうしろで説明(後置修飾)


ですので、読解の上ではぜんぶ同じ処理で理解できます



ところが、空所補充の問題や、英作文では

どの関係詞を使えば良いのかで悩むことになります


今日は、この区別の仕方をわかりやすく説明します



まず、ダメな考え方


説明してもらう名詞(=先行詞)の種類で考える


「名詞が人ならwho, ものならwhich,

 時間ならwhen,で場所ならwhere...」


そうすると、例えば


Melbourne is the city ( ) has many beautiful gardens.


という文で、


「city は場所だからwhereだ」


という勘違いをしてしまいます。



関係代名詞と関係副詞の区別に先行詞は関係ありません!


そうではなくて、


関係詞の右側で判断します


具体的には、


関係代名詞+不完全文(=主語か目的語がない)


関係副詞 +完全文(主語も目的語もある)



先ほどの例文だと、


has many beautiful gardens


hasという動詞の前に主語がない=不完全文


となり、関係代名詞のwhich を入れることになります



では、練習問題。


Melbourne is a city ( ) I spent my high school days.


ここに当てはまるのは、


関係代名詞のwhich でしょうか、それとも関係副詞のwhereでしょうか?




答えは、関係副詞のwhereです


I (S) spent (V) my high school days (O)


と主語も目的語もある=完全文


というわけです



どうでしょう、

こう考えると、関係代名詞と関係副詞の違いが分かりやすいと思います


これだけで、終わってくれれば苦労しないのですが、実はもう少し深い話がこの二つにはあるのですが、それは

また明日のブログでお伝えしたいと思います



8回の閲覧

最新記事

すべて表示

「英語の格差」を広げないために

昨日、2025年(現在中学2年生が受験)の共通テストに 「情報」の科目が新設される案が発表されました 小学校のプログラミングが今年度からスタート デジタルネイティブと言われる世代の子供たち その中でIT分野で世界に遅れをとる日本 そう考えると必至の方策なのかもしれまんが 情報格差、環境格差で大きな差がでてくるのではないだろうかという不安もあります そして格差が広がっているというのは、英語教育にも当

052-990-1059

〒466−0833 愛知県名古屋市昭和区隼人町7−12 セブンス杁中 2階

©2020 by Language Innovation