国公立大学出願を失敗しないために…

共通テストが終わり、昨日河合塾や駿台の判定がリリースされました。これから国公立大学前期・後期日程の出願を行なっていくわけですが、人生を大きく左右する大切な決定です。私も高3担任だった頃は、この2週間がとても濃密な時間で、大袈裟ですが、生徒の人生を預かるような気持ちで一緒に出願先を考えたものです。

大学受験に詳しくないと、大まかに判定だけを見て大丈夫とか、無理と言ったり、精神論だけで「今からの努力で逆転できる!」と無責任なことを言ったりすることになります。また、ダメだったら来年もう一年、と考えている人にとっては、「判定がどうであろうとこの大学を受験する!」と決心は変わらないでしょう。

受験への想いや様々な事情は家庭によってまったく異なりますので、ここで私がお伝えすることは、あくまで客観的なデータに基づいた分析をした上での出願の仕方、学校や予備校はこんな風にアプローチしているという事実です。ただ、受験生はもちろん、保護者の方も含めてはじめてとなる大学受験、出願大学をどのように考えていけば良いのかわからないのは当然ですので、少しでも参考になればという思いでお伝えします。

まず、多くの受験生が以下のウェブ上の判定ツールを使用します。

河合塾バンザイシステム

駿台・ベネッセ 選太くん

それぞれ、共通テストのスコアと過去の記述模試(個別試験への目安)の偏差値もしくは点数を入力します。

ボーダーラインのスコアはどちらも同じですが、判定の出し方に若干の違いがあります。片方ではB判定だけど、もう一方ではC判定ということもよくあります。

ただ、判定だけで考えるのはやめるべきで、以下のいくつかの観点を持つことが重要です。

①募集人数

②B判定までの志願者数 ③ボーダーから自分までの人数 ④共通テスト:二次試験の比率 ⑤二次試験の試験科目 これらを複合的に分析して、どの入試が自分にとってより有利かを考えていきます。 具体的にお伝えした方がわかりやすいですので、架空のクレインくんに登場してもらいます。 クレインくん高校3年生 人文学部希望 東海地域の国公立大学志望 共通テストの結果 英語リーディング 80 英語リスニング 80 現代文 70 古文 30 漢文 30 数学IA 70 数学ⅡB 60 日本史B 80 倫理政経 80 生物基礎 30 化学基礎 30 トータル 640/900(71.1%) 例として、東海圏の人文学系統で比較をしてみたいと思います。 名古屋大学人文学部 名古屋市立大学人文社会 岐阜大学地域科学部 静岡大学人文学部 三重大学 名古屋大学 E判定 ①110人 ②87人=残りは23人 ③258=235人を追い越さないと合格できない ④900:1200=2次やや重視 ⑤英語・国語・社会・数学←4教科も! 名古屋市立大学 D判定 ①42人 ②33人=残りは9人 ③22人=13人を追い越せば合格 ④500:400=センターやや重視 ⑤英語&国語 ただし、記述模試の力が足りていないため総合でD判定 岐阜大学 A判定 ①60人 ②48人=残りは12人 ③0人=全体の18位 ④600:300=センターやや重視 ⑤英語&小論文 個別試験が教科では得意の英語のみなのでA、でも小論文大丈夫? 静岡大学 C判定 ①40人 ②27人=残りは13人 ③0人=全体の28位 ④600:300=センター重視 ⑤英語&国語 三重大学 C判定 ①67人 ②28人=残りは39人 ③0人=全体の27位 ④900:600=センターやや重視 ⑤英語&国語 ここでは静岡大学と三重大学は同じC判定ですが、募集人数と自分の位置を見ると三重大学の方が有利、一方で2次の影響が少ないのは静岡大学という違いがあります。 さらに、これをベネッセ・駿台のほうで見てみると、 静岡大学 B判定(28位) 三重大学 A判定(18位) と判定が違ってくるのです。もちろんどちらのデータをより重視するかで見方はさらに変化します。 しかも、後期試験を同時に出願しますので、前期と後期の組み合わせをどうするかで、また考え方は変わってきます。 大学受験は、「自分の人生を自分で決める」もしからしたら人生最初の決定となる重要な決断です。どのような決断を降したとしても自分に対する信念を試すというプロセスは今後の人生の大きな糧となることでしょう。クレイン英学校が、あなたの人生の重要な1ページに彩りを加えることができればこの上ない幸せです。 がんばれ受験生!応援しています。 クレイン英学校では、長年進学校の教員として幅広く受験指導に携わってきた講師が、共通テスト後の個別試験対策を完全マンツーマンで行います。各大学の傾向を踏まえて、長文記述問題の答え方や英作文の書き方などを丁寧にかつ短期間で効率的にお教えします。クレイン生以外では、ごく少数のみの対応となるため、個別試験の英語に不安な方は、ぜひお早めにお問い合わせください。

36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示