検索
  • 原田貴之

【英文法】関係代名詞と関係副詞の深ーい話

一昨日のブログで関係代名詞と関係副詞の区別をお伝えしました


関係詞の前にある名詞(先行詞)の種類で判断するのではなくて

そのあとの文のかたちで変わる、ということでした


詳しくは、こちらをご覧ください


基本的な区別ができるようになったところで、

この文を考えてみます


India is the country ( ) I want to visit someday.



( )の右側の形が


完全文なら関係副詞のwhere


不完全文なら関係代名詞のwhich


となります。


どうでしょう?



I / want to visit / someday

(S) (V)  (副詞)=文型には含まれない



どこを訪れるのか?という目的語がありませんから


不完全文で関係代名詞のwhich が入ります

(なお、目的格のwhichは省略することが多い)


これは前回のお話の通りです


では、こちらの文はどうでしょう?


Napal is the country ( ) I want to go someday.



I / want to go / someday

(S) (V) (副詞)=文型には含まれない



どこへ行く?という目的語がないから不完全文


って思うじゃないですか?


それが違うんです!


意味で考えるとそうなんですが、



go は自動詞だから目的語はとらない動詞


なんです


これで完全文と考え、ここでは関係副詞のwhereが用いられます


つまり、完全文か不完全文かというのは


自動詞と他動詞の区別ができなければちゃんと理解はできない


ことになります


自動詞と他動詞の区別については、


これまた以前のブログで解説していますので

こちらもご覧ください




というわけで、最後におさらい問題


( )に入るのは、関係代名詞 or 関係副詞?


Togo is the town ( ) I have lived for six years.


答えが気になる方はお気軽にご連絡ください



8回の閲覧

最新記事

すべて表示

「英語の格差」を広げないために

昨日、2025年(現在中学2年生が受験)の共通テストに 「情報」の科目が新設される案が発表されました 小学校のプログラミングが今年度からスタート デジタルネイティブと言われる世代の子供たち その中でIT分野で世界に遅れをとる日本 そう考えると必至の方策なのかもしれまんが 情報格差、環境格差で大きな差がでてくるのではないだろうかという不安もあります そして格差が広がっているというのは、英語教育にも当

052-990-1059

〒466−0833 愛知県名古屋市昭和区隼人町7−12 セブンス杁中 2階

©2020 by Language Innovation