クレインピースキャンプついに始動!

更新日:6月21日

「なんでクレイン(折り鶴)なんですか?」


最初にクレインを訪れた方からよくいただく質問です。


「クレイン」は英語で「鶴」を表し、本校のロゴは折り鶴。


由来は私の出身地、広島にあります。

世界最初の被爆地、ヒロシマ。


私にとっての平和教育は恐怖でしかありませんでした。


でも、高校3年生の時、日本史の先生が言った、


「大学で出ていくもんもおるじゃろうけど、原爆のこと伝えていくんは広島県民の義務じゃけえの」


ということばは、広島から離れれば離れるほど、強く私の中に響いていきました。


そして、2020年4月にクレインを開校するにあたり、


「私が本当にやりたいこと、伝えたいことはなんだろう?」という自問した時、


「英語教育を通して、異なる価値観、文化や宗教を知ることで相互理解を深め、世界の平和を作ることに貢献したい」


というのが私の答えでした。


だから、「クレイン」であり、「折り鶴」なのです。



「平和」というこの漠然とした概念。できれば避けて通りたい過去の悲惨な戦争のこと、原爆のこと。そして未来の平和をどうやって構築できるか...


これらを多くの若い人たちに興味をもってもらうにはどうしたらいいだろう??


これが私にとって大きな課題でした。


そして、昨年の8月、私はその答えを探しに広島訪問の旅に出ました。


当時のブログ


ヒロシマへ向けて


静寂の中で祈りを捧げて


76年目の8月6日


PEACE CULTURE VILLAGE



そして、その答えが広島にはありました。


クレイン英学校と広島の架け橋になってくださったのは、ANT-Hiroshima代表の渡部朋子さん。

そして、私のふわーっとしたアイデアを、具体的な形に落とし込んでいってくれたのが、Peace Culture Village (PCV)の南知仁さん。


昨年8月から何度も打ち合わせを重ねて、ついに、「クレインピースキャンプ」が完成しました!


テーマは、


『英語×平和×自然×対話=新しい自分に出会う旅』


訪問地も、アクティビティも、泊まる宿も、何一つ妥協のなく、クレインの想いをぜんぶ詰め込んだこのキャンプ。


ぜひプロモーションビデオをご覧ください↓


4月末に、一般公募に先立ってクレイン生対象の説明会を行いましたが、

申し込み開始から約1週間で、定員ほぼいっぱいの申し込みをいただきました。


あと残り少しの枠ではありますが、


「グローバルな視野で平和について学びたい」


「平和について学びながら、新しい自分を発見したい」


そんな心を持った人に参加してもらいたいと思っています。



【クレインピースキャンプ2022】


 時 :2022年8月4日〜6日(2泊3日)

 場所:広島市内および湯来町

 対象:小学4年生〜高校2年生





詳しい内容についてのお問い合わせは、クレインホームページもしくは電話(052-990-1059)にてお気軽にご連絡ください。


将来のピースメーカーとなる、あなたのご参加をお待ちしています!










閲覧数:191回0件のコメント

最新記事

すべて表示